Webライターがブログで練習すべき3つの理由!注意点や練習方法も解説

「Webライターは練習って必要?」
「練習にはブログがいいって聞いたけど本当?」
「もっと手軽な練習方法はないの?」

初めまして。Webライターの梅澤です!私は仕事が忙しいときでも、意識して練習の時間を確保するようにしています。

結論から言うと、Webライターに練習は必要であり、その方法としてはブログが最も効果的です。

ブログで練習することで、効率よくスキルアップできます。高単価案件を獲得して、労働時間を抑えながら収入を伸ばせるようになるでしょう。

とはいえ、練習でやってしまいがちな失敗もあるので、注意点を押さえておくべきです。この記事では、以下を詳しく解説します。

  • ブログで練習すべき3つの理由
  • ブログで練習する5つの注意点
  • 手軽な練習方法3選
  • 練習を効果的にする工夫3選

失敗を避けつつ効率よくスキルアップするために、ぜひ最後まで読んでお役立てください。

この記事を書いた人

梅澤浩太郎

  • 株式会社Webライタープロ所属
  • Webライター歴1年で月収40万円を達成
  • Webマーケや人工知能分野で執筆経験あり
  • LPとメルマガを組み合わせた仕組み構築が得意
  • 東北大学大学院修了
\ Amazon 5冠達成 /
Kindle本プレゼント

【内容抜粋】
・令和に必要とされているWebライター
・稼ぐWebライターのマインドセット
・稼ぐWebライターに必要なスキル
・0→5万稼ぐためのロードマップ
・5→20万稼ぐためのロードマップ
・20→50万稼ぐためのロードマップ
・50→100万稼ぐためのロードマップ
・ロードマップを駆け上がるための秘策

目次

Webライターがブログで練習すべき3つの理由

1. 記事作成の流れを丸ごと練習できる
2. 応募時のサンプル記事が作れる
3. 「メディア運営者の視点」が身につく

1. 記事作成の流れを丸ごと練習できる

ブログ記事を書こうとすれば、以下の作業をすべて行うことになります。

  • キーワード選定
  • 構成作成
  • 執筆
  • 画像選定
  • 入稿・装飾

こうした作業の流れは、Webライターの仕事と同じです。ブログで練習しておくことで、どの作業を求められても自信を持って対応できるようになり、仕事の幅が広がります。

練習では執筆や構成作成のスキルを磨くことばかりに意識が向きがちですが、それだけでは不十分です。

他の作業も含めて、記事作成に必要なスキルをバランスよく鍛えられるのがブログで練習する大きな魅力だといえます。

ブログを始めるなら、仕事でも扱うことが多い「WordPress」で作るのがおすすめです。ただし、レンタルサーバーの契約が必要になるため、最適なサービスを選びましょう。

2. 応募時のサンプル記事が作れる

案件に応募しても採用されず、苦労するWebライターは多くいます。自分を選んでもらうためには、アピール材料を持っておくことが大切です。

練習で作成したブログ記事は、そのまま応募時のサンプルとして使えます。応募時に「私はこういう記事を書けます」と発注者に見せられるのです。

案件で書いた記事とは異なり、ブログには編集者やディレクターの手が加えられないため、Webライター自身のスキルがそのまま反映されます

発注者もその点は理解しているので、スキルの証明としてブログは強力な武器になります

3. 「メディア運営者の視点」が身につく

「指示された作業をただやるだけ」だと、Webライターとしてレベルが低い状態です。自分の頭を使って考え、発注者に提案できるようになると、仕事の単価も上がりやすくなります。

そのために必要がなのが「メディア運営者の視点」です。

具体的には以下を意識して仕事ができると、クライアントに重宝されるWebライターになれます。

  • メディアの運営目的
  • 目的達成のために改善すべき点
  • Webライターが貢献できる具体的な作業

ブログも立派なひとつの「メディア」です。

「ページビュー数」「リンクのクリック数」などのデータを確認しつつ、改善策を考えながら取り組むことで、運営者の視点が身についていきます。

「ここに他記事へのリンクを入れよう」「商品の購入ボタンを設置しよう」といったアイデアが、自然に浮かぶようになるのです。

ただし、記事を大量に書くだけではメディア運営の視点は身につきません。ブログで練習する際の注意点は、次章で詳しく解説します。

Webライターがブログで練習する5つの注意点

1. 案件獲得を意識してジャンルを選ぶ
2. キーワードを必ず決める
3. 読者のニーズを満たす構成を作る
4. ルールを守って執筆する
5. 読者に行動を促す

1. 案件獲得を意識してジャンルを選ぶ

ブログ記事を案件獲得時のアピール材料として使いやすくするためには、ジャンル選定が重要です。

なぜなら、応募する案件と同じジャンルのブログ記事のほうが、より強力なアピール材料になるからです。

「ダイエット」「株式投資」など、案件を獲得したいジャンルが決まっているのであれば、それに合わせてブログを作成しましょう。

趣味に関することなど、書きたい記事を書くだけでは案件獲得のために使いにくいため、注意が必要です。

2. キーワードを必ず決める

「検索結果で上位表示を狙うキーワード」決めたうえで、記事を執筆しましょう。なぜなら、Webライター案件でもキーワードを指定されて執筆する場合がほとんどだからです。

キーワードを意識した執筆である「SEOライティング」は、Webライターにとって重要なスキルです。何度も練習して磨いていきましょう。

逆にキーワードを決めずに漠然と書いていたのでは、どれだけ数をこなしても、Webライターの練習としてはあまり効果がありません。

3. 読者のニーズを満たす構成を作る

作業全体の中でも、特に重要なのが「構成作成」です。構成の質が低いと、どんなに執筆を頑張ったとしても、良い記事は作れません。

構成作成の際には、読者のニーズを満たすことを意識しましょう。

例えば「ダイエット サプリ おすすめ」のキーワードで検索する人は、おすすめのダイエットサプリを知りたいというニーズがあると想像できます。

そのため、記事の最初のほうで「おすすめのダイエットサプリ5選」などの見出しを作成して、ニーズを満たす構成にすべきです。

「痩せやすい食事」や「ダイエットに効果的な運動」といったニーズに合わない見出しは含めないか、含めるとしても順番は後にしましょう。

このように、読者ニーズに合った構成が作れるかがWebライターのスキルの根幹です。

4. ルールを守って執筆する

Webライターには、執筆ルールを守ることを求められます。練習のときから自分なりにルールを決めて執筆し、ルールを守ることに慣れておきましょう。

ルールを完璧に守れるWebライターは意外なほど少ないので、できるだけで発注者にスキルを認めてもらえます。

執筆ルールの例は以下の通りです。

執筆ルールの例
  • 用語の統一(例:「顧客」と「お客様」)
  • 漢字とひらがなの使い分け(例:「色々」と「いろいろ」)
  • 改行の頻度(例:100文字程度で改行する)

ルールがあると面倒だと感じるかもしれませんが、良い練習になるので意識しましょう。

5. 読者に行動を促す

Webライターが執筆する記事では、たいていの場合、以下のような行動を読者に促します。

  • 商品の購入
  • サービスに関する問い合わせ
  • メルマガへの登録
  • 資料のダウンロード

そのため、練習でブログ記事を書く際にも、読者に何らかの行動を促すようにしましょう。

繰り返すことで、行動させる文章を書けるようになっていきます。

「実際に行動したか」はクリック数や登録者数などで確認できるので、データを見ながら改善を重ねることが大切です。

アフィリエイトをすれば、ブログから収益が発生する可能性があるため、興味があれば試してみるとよいでしょう。

ただし、主な目的はあくまでも「Webライターの練習」であることを忘れずに、収益を得ることにこだわらないことが大切です。

【簡単】Webライターの手軽な練習方法3選

1. 写経や音読をする
2. 読者をイメージしながら書く
3. 構成だけ作る

1. 写経や音読をする

ブログはやることが多いので、取り組むのはハードルが高いと感じる人もいるでしょう。そこで、もっと手軽な練習方法を紹介します。

誰でもすぐにできて、効果も高いのが写経や音読です。Webライターの作業内容のうち「執筆」のスキルを高めるのに、効果を発揮します。

まずはお手本になる記事を見つけましょう。自分が執筆したいジャンルで、有名なメディアの記事がおすすめです。

写経では、記事を見ながら文章をどこかに書き写します。タイピングでも手書きでも、どちらでもかまいません。

音読をする場合は、文章を目で追いながら小さく声を出しながら読んでみましょう。写経よりも時間がかからず、簡単にできます。

「一文の長さ」「読点の数や位置や数」など、注目するポイントを決めて写経や音読を行うと、より効果的です。

2. 読者をイメージしながら書く

検索した人の悩みを解決する文章を書くのが、Webライターの主な仕事です。

できるように練習するには、悩みを抱えた人をイメージして、その人が興味を持って読みたくなるような文章を書いてみてください。

具体的には、以下のようなことを考えて文章に反映させましょう。

  • 最初に何を書けば続きを読みたくなるか
  • 読み進めるうちにどんな感情を持つか
  • 読みながらもっと知りたくなることは何か

記事以外にも、あらゆる文章を書くときにこうした練習はできます。

メールやSNSの投稿を書く際にも、読者をイメージしてみましょう。

3. 構成だけ作る

Webライターとしてスキルを高めるためには、構成を作る練習が欠かせません。

記事を丸ごと作ると負担が大きすぎる場合には、キーワードを決めた後に、構成だけ作ってみるのがおすすめです。

構成を作る際には、読者のニーズを考えることはもちろん、いま検索上位にある記事を参考にするとよいでしょう。どのような記事が検索上位に表示されやすいのか、傾向がつかめます。

本文を執筆せず、構成だけを次々に作ることで、スキルをピンポイントで鍛えられます。構成作成に苦手意識がある人は、ぜひ試してみてください。

Webライターが練習を効果的にする工夫3選

1. 書籍でWebライティングの特徴を理解する
2. 教材で実践的なスキルを学ぶ
3. 添削を受ける

1. 書籍でWebライティングの特徴を理解する

練習を効果的に行うために、Webライティングならではの特徴を知っておきましょう。

具体的には以下のような点に注意しつつ、執筆の練習をすることで、質の高い記事を書けるようになっていきます。

Webライティングの特徴
  • 結論を冒頭に書く(結論ファースト)
  • 一文を短くして読みやすくする
  • 読み飛ばしされることを前提に書く
  • 途中で離脱されないように興味づけする

こうした知識は「沈黙のWebライティング」や「新しい文章力の教室」といった書籍で、一気に学んでしまうのがおすすめです。

また、当メディアではKindle本Webライター未経験から月収100万円を稼ぐまでのロードマップを無料で公開しています。こちらも知識を身につけるためにお役立てください!

2. 教材で実践的なスキルを学ぶ

教材で実践的なスキル学び、基礎を固めることで、より効果的な練習をしやすくなります。

以下のようなことを学んだうえで実践を繰り返せば、Webライターとしてスムーズに収入を伸ばしていけるでしょう。

学ぶべきこと
  • 記事タイトルの付け方
  • 構成の作り方
  • 執筆スピードを上げる工夫
  • クライアントとの円滑なコミュニケーション術

私自身は、当メディアの運営者、沖ケイタが講師を務める教材「Writing Hacks」で学びました。必要な知識が網羅されているので、初心者から中級者まで幅広い人におすすめです。

さまざまな勉強方法や教材の中から、自分に適したものを見つけてみましょう。

3. 添削を受ける

ひとりで練習するだけでは、自分の文章の欠点に気づけず、何を改善すべきなのかわからないものです。

ところが、自分よりスキルが高い人に添削してもらうと、すぐに改善点が明確になります。日々の練習と組み合わせることで、大きな効果が得られるでしょう。

とはいえ、添削には手間と時間がかかるため、受けられる機会はなかなかありません。

さきほど紹介した「WritingHacks」には添削サービスも付いています。こうした教材のサービスを利用しつつ、添削を依頼できる機会を探すとよいでしょう。

Kindle本を無料でプレゼント

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次