Webライターが知っておくべきSEOライティングの基礎知識5選!学ぶ方法と注意点も解説

結論、Webライターとして稼ぐうえで、SEOライターからキャリアをスタートさせることは本当におすすめです。

おすすめする理由

・クラウドソーシングなどで案件が多い
・継続案件になることが多い
・SEOを学ぶことで、他ジャンルの執筆にも役立つスキルが身に付く
・ディレクターやSEOコンサルなどステップアップしやすい
・自分のブログ運営に活かし、そっちでも収益が上げられるようになる

僕は今までに、数百人以上のWebライターを見てきました。そのなかで、SEOライターを最初のステップにして、キャリアアップした人(月収100万〜)はとても多いです。

この記事では以下の内容を解説します。

  • SEOライティングの基礎知識5選
  • SEOライティングの勉強法4選
  • 注意点3選

ぜひ、最後までお読みください。

この記事を書いた人

沖ケイタ

  • 株式会社沖プロ代表
  • 株式会社Webライタープロ取締役
  • 1700人以上が受講するWebライター講座「Writing Hacks」メイン講師
  • Webライター特化転職エージェント「Writing Job」運営
  • 執筆に携わった記事は数千記事を超える

>>詳細なプロフィールはこちら

\ Amazon 5冠達成 /
Kindle本プレゼント

【内容抜粋】
・令和に必要とされているWebライター
・稼ぐWebライターのマインドセット
・稼ぐWebライターに必要なスキル
・0→5万稼ぐためのロードマップ
・5→20万稼ぐためのロードマップ
・20→50万稼ぐためのロードマップ
・50→100万稼ぐためのロードマップ
・ロードマップを駆け上がるための秘策

目次

【大前提】Webライターで稼ぐならSEOライティングは必須

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれます。

Googleなどの検索エンジンで検索した際に、結果画面の上位に記事が表示されるように意識したライティングが「SEOライティング」です。

seo(検索エンジン最適化)

Webライターが取り組む仕事は多種多様ですが、その中でもSEOライティングが求められる案件の割合はかなり高いです。

そのため、SEOライティングができないとなると、応募できる案件が大幅に減ります。誰でもできる低単価な案件に取り組むしかなくなり、ろくに稼げず疲弊してしまいやすいのです。

だからこそ、Webライターとして稼いでいきたいなら、SEOライティングは避けられません。

「難しそう」といったイメージがあるかもしれませんが、勉強すれば誰でもできるようになります。Webライターの基礎スキルとして、確実に学んでおきましょう。

Webライターが知っておくべきSEOライティングの基礎知識5選

1. 読者が有益だと感じることを書く
2. 検索ニーズを調べる
3. タイトルと見出しにキーワードを含める
4. E-E-A-Tを意識する

5. 被リンクの獲得を目指す

1. 読者が有益だと感じることを書く

検索順位を決める具体的な方法は公開されていないため、SEOライティングで何が本当に効果があるのか、厳密な正解は誰にもわかりません。

そのなかで「Googleが掲げる10の事実」には、日本で多くの人が利用している検索エンジンであるGoogleの考え方がまとめられています。

これはSEOで何を意識すべきかの参考になるもので、SEOライティングを意識するうえで非常に重要です。

なかでも特に注目すべきなのが、1つめに書かれている「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」という部分。ユーザーファーストを意識したGoogleの考えがまとめられています。

つまり、検索した人が「有益だ」「これを読みたかった」と感じる記事を書けば、自然と検索順位は上がるということです。

SEOライティングの細かいテクニックを覚えるよりも先に、基本の考え方を押さえておきましょう。

2. 検索ニーズを調べる

検索する人が知りたいと思っていることを「検索ニーズ」と呼びます。検索ニーズに合った記事であるほど、有益だと感じてもらいやすいです。

Google検索を使うと、検索ニーズを調べられます。

例えば、キーワードを検索窓に打ち込めば、同時に検索されることが多い言葉である「サジェストキーワード」が表示されます。

以下は「Webライター」で検索した場合に表示される、サジェストキーワードの例です。

そして、以下は画面下部に表示される「関連キーワード」と呼ばれる部分になります。

サジェストキーワードや関連キーワードは、検索した人が何を知りたがっているかを推測するヒントになります。

今回の「Webライター」の例であれば「始め方」や「副業でやる方法」を知りたいというニーズがありそうです。

また、現在検索上位にある記事は、検索ニーズに合っているからこそ上位に表示されているのだと考えられます。検索ニーズを探るために、記事の内容を参考にしましょう。

3. タイトルと見出しにキーワードを含める

読者は検索結果に表示されたタイトルを見て、記事をクリックして読むかを判断します。

読者に「あなたが知りたい情報がこの記事に書いてありますよ」とアピールするうえで、タイトルにキーワードを含めることが非常に重要です。

また、見出しにキーワードを含めることも忘れないようにしましょう。

見出しにキーワードが入っていれば、記事内のどこを読めば自分の悩みを解決できるのか、読者が探しやすくなります。

さらに、タイトルや見出しにキーワードを入れることは、Googleなどの検索エンジンに「その記事に何が書かれているか」を伝える役割もあります。

SEOライティングを実践するうえで、読者と検索エンジンの両方を意識してタイトルと見出しを考えることが重要です。

4. E-E-A-Tを意識する

「E-E-A-T」とは、SEOにおいて重要な要素の頭文字を取ったものです。2022年12月にGoogleが公表したガイドラインに、以下の4つが明記されています。

  • Experience(経験)
  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trust(信頼)

これらの要素を記事に盛り込むことで、上位表示されやすくなると考えられています。

記事には自分が実際に経験したことや、知識が豊富な専門分野について書きましょう。さらに資格や職務経験など専門性の根拠を示したり、データを引用したりすることで信頼性や権威性が増します

そして、これらの要素が盛り込まれるほど、多くの人から信頼される記事が完成するのです。

ネット上には真偽がわからない情報が溢れています。だからこそ、E-E-A-Tを意識して信頼できる記事を執筆しなければなりません

5. 被リンクの獲得を目指す

他サイトからのリンクである「被リンク」が多いサイトほど、検索上位を獲得しやすい傾向があります。

「価値がある」「信頼できる」と感じられれば、その記事のリンクを貼って他人に紹介したくなるものです。拡散されて読まれるほど、サイト自体も評価されていきます。

被リンクを獲得するには、記事の独自性を高めるのが効果的です。自分自身の体験である一次情報を盛り込んだり、データを用いた分析などを含めるのもよいでしょう。

他のサイトにはない情報を盛り込めるように、記事の構成から意識することが大切です。

他では読めない有益な情報があれば、読者は記事をシェアしたくなるでしょう。

WebライターがSEOライティングを学ぶ方法4選

1. 書籍を読む
2. YouTubeを観る
3. 記事を読む
4. ブログを運営する

1. 書籍を読む

まずは書籍でSEOライティングを学ぶのがおすすめです。細かい部分を勉強していく前に、SEOの全体像を理解しておきましょう

必ず読んでほしいのが「沈黙のWebライティング」です。Webライターが知っておくべきSEOライティングの基礎が、わかりやすくまとめられています。

漫画のように読めるので、読書が苦手な人にもぴったりです。本編部分は公式サイトでも公開されているので、試しに読んでみてください。

その他のおすすめ本は「Webライター初心者におすすめの本」で詳しく解説しています。

当メディアではKindle本Webライター未経験から月収100万円を稼ぐまでのロードマップを無料で公開しています。LINE登録で無料で受け取れますので、必ずチェックをお願いします!

2. YouTubeを観る

YouTubeなら、無料でSEOライティングを学べます。文章が苦手な人は、動画のほうがわかりやすく感じるでしょう。

以下のチャンネルでは有益な情報がわかりやすくまとめられているので、ぜひチェックしてみてください。

YouTubeは通勤や食事をしながらでも視聴しやすいです。音声を流しっぱなしにしておくだけでも、SEOに関する知識を増やせるでしょう。

3. 記事を読む

SEOライティングの有益な情報がまとめられたサイトはたくさんあります。

記事を読むことで、SEOに関する情報が得られるだけでなく、文章の書き方や構成の作り方も勉強になります。

おすすめのサイトは「バズ部です。なかでも「SEO」のカテゴリーには、役立つ記事がたくさんあり、Webライターは必読です。

順番にガッツリ読み込みこんで、SEOライティングのレベルを上げていきましょう。

4. ブログを運営する

情報を頭に入れただけでは、SEOライティングはなかなか実践できるようになりません。自分のブログを開設して、その中で記事を書いて練習しましょう。

勉強したノウハウをすぐにブログで実践することで、知識を使えるようになっていきます。

ブログを運営すると、以下のようなデータも自然と気にするようになるでしょう。

  • 検索順位
  • アクセス数
  • 訪問者数
  • 滞在時間
  • アフィリエイト収益

こうした数字を改善するために書き方を工夫していけば、SEOライティングの効果的な練習になります。

また、ブログでメディア運営を経験しておくと、クライアントと同じ目線で考えられるようになり、仕事の質も上がるはずです。

Webライターが意識すべきSEOライティングの注意点3選

1. 検索順位はライターの実力だけでは決まらない
2. 情報は日々アップデートされる
3. クライアントの指示に従う

1. 検索順位はライターの実力だけでは決まらない

検索順位を上げるためにSEOライティングが重要なのは間違いないですが、順位はライティングだけで決まるわけではありません

ドメインの強さや事業内容との関連性など、さまざまな要因が関係しています。

そのため、ポートフォリオなどで自分の実績として「○○のキーワードで1位獲得」などとアピールするのは、正直イマイチです。自分の実力だけで上位表示を実現した気になっているように見えてしまいます。

SEOライティングは、検索順位を決める要素の1つに過ぎないことを理解しておきましょう。

2. 情報は日々アップデートされる

Googleの検索アルゴリズム(記事を評価する基準)は、日々改良されて変化しています。それとともに、SEOライティングで意識すべきポイントも変わっている現状です。

例えば、前述した「E-E-A-T」は、以前はExperience(経験)が含まれておらず「E-A-T」と呼ばれていました。それがアルゴリズムのアップデートによって、経験がより重視されるようになったのです。

SEOライティングを仕事にするのであれば、SEOの勉強に終わりがないことを理解しておきましょう

大きなアップデートが行われると、予想される変化を解説してくれるYouTubeや記事がたくさん公開されます。最新の情報を追い続けながら、SEOライティングに反映させることが大切です。

3. クライアントの指示に従う

SEOライティングのノウハウはたくさんあります。しかし、検索アルゴリズムは公開されていないので、正解は誰にもわかりません。

そのため、どんなSEO対策が効果的だと考えるかは、人によって違うことがよくあります

ライター案件では、クライアントから受けた指示に従ってライティングを行いましょう。自分がSEOに効果的だと信じている書き方にこだわるべきではありません

クライアントに「こう書いたほうが良いのでは」と提案するのは問題ありませんし、それが歓迎されることも多いです。

ただし、提案する際の伝え方には気をつける必要があります。正解はわからないことを忘れずに、失礼のないように自分の意見を伝えましょう。

Kindle本を無料でプレゼント

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次