ウェブタス「Webライターコース」は評判の良いスクール!7つの魅力と口コミなどを紹介

ウェブタス(web+)のWebライターコースは、サポートが手厚いWebライタースクールとして人気があります。講師から添削してもらえるだけでなく、セミナーやキャリアプラン面談などでモチベーションを維持できる環境が魅力です。

ただし、サポートが手厚い分、受講料金がやや高めに設定されています。これからWebライターを目指す人にとって、悩むポイントになるでしょう。

この記事では、ウェブタス「Webライターコース」の評判と口コミ、魅力などを詳しくまとめました。自分に適したスクールであるか判断できない人は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事を書いた人

沖ケイタ

  • 株式会社沖プロ代表
  • 株式会社Webライタープロ取締役
  • 1700人以上が受講するWebライター講座「Writing Hacks」メイン講師
  • Webライター特化転職エージェント「Writing Job」運営
  • 執筆に携わった記事は数千記事を超える

>>詳細なプロフィールはこちら

\ Amazon 5冠達成 /
Kindle本プレゼント

【内容抜粋】
・令和に必要とされているWebライター
・稼ぐWebライターのマインドセット
・稼ぐWebライターに必要なスキル
・0→5万稼ぐためのロードマップ
・5→20万稼ぐためのロードマップ
・20→50万稼ぐためのロードマップ
・50→100万稼ぐためのロードマップ
・ロードマップを駆け上がるための秘策

目次

ウェブタス「Webライターコース」の概要

料金440,000円(税込)
講師非公開
学習方法・動画:46本
・SEOライティングBook
サポート内容・添削
・質問への回答
・キャリアプラン面談
サポート期間無制限
特典・仕事の共有
・オンラインセミナー
・45日間の返金保証

ウェブタス(web+)は、フリーランスを目指す人向けのオンラインスクールです。以下の2つのコースが用意されています。

  1. Webライターコース
  2. マイクロ起業コース

なかでもWebライターコースは人気があり、未経験からWebライターを目指す人などが受講しています。よくある買い切り型の講座と違い、挫折しにくい環境が整っているのが特徴です。

その分受講料金は高めですが、多くの人から選ばれる理由があります。

この記事では、具体的にどのような魅力やメリットがあり、ウェブタスが選ばれているのかを見ていきましょう。

ウェブタス「Webライターコース」の良い評判と口コミ

  • Webライターとして成長できる
  • 案件獲得につながった
  • モチベーションを維持できる環境が良い
  • セミナーでプラスの知識が身につく
  • 添削がていねいでわかりやすい

ウェブタスを受講した人の口コミを見てみると、受講生が意欲的に学んでいる様子がよくわかりました「Webライターで成功したい」と、強く決意をしてから選ぶ人が多い印象です。

ウェブタスで学びながら、実際にWebライターとして仕事をしている人が多くいます。

カリキュラムが修了しても、定期的なセミナーなどで学べるのは大きなメリットですね。受講生同士のつながりもあるようです。

ウェブタス「Webライターコース」の悪い評判と口コミ

  • 受講料金が高くて踏み切れない
  • 他社と比較して迷ってしまう

SNSで確認したなかでは、ウェブタスのWebライターコースを受講して後悔している人は見当たりませんでした

しかし、受講料金の高さで悩んでいる人が多くいます。他社のWebライター講座と悩み、ウェブタスを比較対象とする人が多いようです。

少し前にウェブタスの営業や勧誘がしつこいという口コミもありましたが、最近は見かけません。

ウェブタス「Webライターコース」で学ぶ7つの魅力

1. 2種類の添削でスキルアップできる
2. 記名記事を執筆してポートフォリオにできる
3. 将来を見据えた学びができる
4. 受講期間と質問の制限がない
5. キャリアプラン面談でモチベーションを維持できる
6. 定期的なセミナーでスキルアップできる
7. 45日間の返金保証がある

1. 2種類の添削でスキルアップできる

Webライターが成長するうえで、プロから添削してもらえる環境はかなり重要です。

ウェブタスは添削してもらえる環境が充実しており、2種類の添削によってスキルアップを目指せます。

  1. 無制限の部分添削
  2. 全6回の総合添削

無制限の部分添削は、自分の苦手な部分(弱点)に絞って添削してもらえるものです。

総合的な添削とは別に用意されているので、Webライティングを学ぶ人にとってはかなり嬉しいサポートですね。これだけでも、ウェブタスを選ぶメリットがあります。

他社のWebライター向け講座の場合は、添削してもらえる環境があっても、回数が決まっていることがほとんどです。正直、それだと成長に限界があります。

Webライターは何記事も書いて成長していくものなので、無制限の添削はスキルアップしやすい環境です。

2. 記名記事を執筆してポートフォリオにできる

全6回の総合添削のうち、5記事を記名記事として執筆できるのもウェブタスで学ぶ魅力です。ポートフォリオとして活用し、案件獲得につなげられます。

初心者はポートフォリオ用の記事を書くことに苦戦する人も多いので、学びながら実績として提示できる記事を用意できるのは大きなメリットです。その分、案件探しに注力できるでしょう。

3. 将来を見据えた学びができる

ウェブタスのWebライティングコースでは、学習をスタートする前に自分の目標を決め、そのためにやるべきことを明確にします。

ただWebライティングを習得するだけでなく、安定して仕事を獲得できるまでサポートしてもらえるのが特徴です。

動画コンテンツでは、キャリアアップに関することまで学べます。Webディレクターや専門Webライターなど、複数の道について解説された動画です。

自分が目指すゴールをイメージしやすくなるでしょう。

一人ひとりに寄り添ったサポートをしてもらえるスクールなので、目的を見失わずに学習を進められます。

4. 受講期間と質問の制限がない

一般的な講座やスクールの場合、受講期間が決まっているケースがほとんどです。しかし、ウェブタスには受講期間と質問の制限がありません

忙しい人でも自分のペースで学びやすく、自分の居場所として利用できます。

さらに、無制限の部分添削も受けられるので、本気で学びたい人にとってはかなり嬉しい環境です。

5. キャリアプラン面談でモチベーションを維持できる

ウェブタスのカリキュラムには、全3回のキャリアプラン面談が含まれています。一人ひとりに合ったキャリアプランを提案してもらえるため、将来への不安がある人も安心です。

  • 月〇万円を稼ぐために何をすべきか
  • 独立しようか悩んでいる
  • 思うように仕事を獲得できない など

Webライターとして仕事をするうえで、さまざまな悩みが出てくるでしょう。1人で悩んで立ち止まっている時間はもったいないので、1対1で相談できる環境があるのは貴重です。

6. 定期的なセミナーでスキルアップできる

SNSでウェブタスの受講生の口コミを確認したところ、セミナーに関する投稿が多くありました。受講生から好評で、モチベーション維持にもつながっているようです。

定期的にセミナーを行い、最新情報のアップデートにつなげています。

7. 45日間の返金保証がある

万が一、ウェブタスのサービスに不満を感じた場合は、45日以内であれば全額を返金してもらうことが可能です。

しかも、有料コンテンツを視聴したあとでもOK相当の自信がなければできないことなので、それだけ信頼度の高いスクールであるといえるでしょう。

ウェブタスで受講する前に知っておきたい2つの注意点

1. 受講料金が高い
2. 卒業できる仕組みがない

1. 受講料金が高い

ウェブタスは一人ひとりに寄り添ったスクールであるため、受講料金が高い点は多くの人が悩む部分になるでしょう。

一括で支払った場合は440,000円(税込)。6回払い・12回払い・24回払いにも対応していますが、その分トータルで支払う料金が多くなります。

ちなみにほかのWebライター向けの講座と比べても、ウェブタスは結構高い部類です。

スクロールできます
ウェブタス
Webライターコース
ユーキャン
WEBライター講座
Writing Hacksあなたのライター
キャリア講座
料金
(税込)
440,000円19,000円89,800円マンツーマンコース
185,000円
教材・動画
・SEOライティングBook
・動画
・ワークブック
動画オンライン講義
添削6回
※部分添削は無制限
3回3回5回
質問対応
サポート期間無期限3ヶ月無期限12ヶ月
特徴・案件紹介
・キャリアプラン面談
・オンラインセミナー
・返金保証
1ヶ月で学べる・案件紹介
・教材のアップデート
・案件紹介
・キャリア相談
・FPへの相談
・Udemy講座をプレゼント
・返金保証
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

料金面だけで考えると悩む部分が多いですが、その分サポートの手厚さには定評がありますウェブタスで学ぶ魅力を確認したうえで、自分に合っているスクールであるか見極めることが大切です。

もし迷う気持ちが大きいなら、ほかの講座と比較してみましょう。

2. 卒業できる仕組みがない

受講期間がなく、無制限で利用できるのがウェブタスのメリットです。しかし、卒業の仕組みなどがないと、所属しているだけで安心してしまう可能性があるでしょう。

ちなみに、僕自身もWebライター向けの講座「Writing Hacks」を作り上げています。すべてのカリキュラムを修了した人は、”卒業生”として登録できる仕組みです。

これにより、卒業生として自信をつけて活動してもらっています多くのクライアントからも支持され、卒業生を対象とした仕事の依頼もかなり多いです。

詳しくは「Writing Hacksの評判と魅力、卒業生の体験談」をまとめた記事で解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

継続するうえで、自分の居場所を確保することも必要かもしれません。しかし、新しい環境に身を置き、さらに挑戦し続けることも大切です。

Webライターはやり方によって稼げる仕事なので、積極的に挑戦し続けてほしいと思っています。

当メディアではKindle本Webライター未経験から月収100万円を稼ぐまでのロードマップを無料で公開しています。Webライターとして稼げるようになるまでの流れをまとめられているので、ぜひこちらもお役立てください!

ウェブタス「Webライターコース」はこんな人におすすめ

  • 時間を気にせず自分のペースで学びたい
  • 不安や迷いを相談しながら進めたい
  • 確実なライティングスキルを身につけたい
  • 1人だとなかなか継続できない

ウェブタスのWebライターコースは、成長できるまで徹底的にサポートしてほしい人におすすめです。自分の目標を決め、そのためにやるべきことを講師に相談しながら学習を進められます。

本気でレベルアップしたい人、1人だと継続できない人にも向いているでしょう。

Kindle本を無料でプレゼント

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次