Webライターで月3万円を稼ぐ5ステップ!最短ルートで達成するコツを紹介

「副業Webライターでも月3万円稼げる?」
「1日あたり何時間くらい働く必要がある?」
「初心者が最短で稼ぐ方法を教えてほしい!」

初めまして。Webライターの梅澤です!私は2021年1月にWebライターの仕事を始め、1年で月収40万円を達成しました。

結論から言うと、Webライターの副業で月3万円を稼ぐのは難しくありません。1日あたり1時間ほどの作業でも可能です。

とはいえ、Webライターは初心者の時期が最も大変。スタートダッシュに失敗して、月3万円を達成する前に諦めてしまうのは避けたいところです。

この記事では、私自身の実体験に基づいて以下を詳しく解説します。

  • 無理せず月3万円を稼ぐ前提条件
  • 最短で達成するための5ステップ
  • 月3万円を達成する4つのコツ

月3万円を達成する確率を劇的に高められるので、ぜひお役立てください。

この記事を書いた人

梅澤浩太郎

  • 株式会社Webライタープロ所属
  • Webライター歴1年で月収40万円を達成
  • Webマーケや人工知能分野で執筆経験あり
  • LPとメルマガを組み合わせた仕組み構築が得意
  • 東北大学大学院修了
\ Amazon 5冠達成 /
Kindle本プレゼント

【内容抜粋】
・令和に必要とされているWebライター
・稼ぐWebライターのマインドセット
・稼ぐWebライターに必要なスキル
・0→5万稼ぐためのロードマップ
・5→20万稼ぐためのロードマップ
・20→50万稼ぐためのロードマップ
・50→100万稼ぐためのロードマップ
・ロードマップを駆け上がるための秘策

目次

【大前提】Webライターで月3万円稼ぐ鍵は「文字単価1円」

収入を増やすには「文字単価を上げる」「文字数を増やす」といった方法があります。ただし、執筆する文字数を増やそうとすれば、その分労働時間が増えてしまうでしょう。

今回は、1日1時間の作業で月3万円を稼ぐという視点で考えます。

結論、文字単価1円の仕事を獲得できれば、月3万円は余裕で達成できます。

文字単価1円の案件の場合、一般的にそれほど高いスキルは求められないため、初心者でも難しくありません。

「文字単価1円×3万字」で月3万円の収入を得られます。

「1時間あたり1000字」のペースで執筆すると、3万字の執筆に必要な時間は「30,000÷1000」で30時間。毎日やれば1日あたり1時間ほどです。

最初は1時間に1000字の執筆は難しいかもしれません。しかし、1~2ヶ月継続すれば、副業でも達成できる基準です。

副業でも、工夫すれば毎日1時間なら確保できるはず。この程度の労働時間に収めるために「文字単価1円の案件」の獲得を目指しましょう。

Webライターが最短で月3万円を稼ぐ5ステップ

STEP1. クラウドソーシングサイトに登録する
STEP2. プロフィールを整える
STEP3. 文字単価1円の案件に応募する
STEP4. プロとして取り組んで高評価を増やす
STEP5. 継続案件を増やす

STEP1:クラウドソーシングサイトに登録する

クラウドソーシングサイトのメリット
  • 常に案件が豊富にある
  • 初心者OKの案件を探しやすい
  • 取引の流れが明確で何をすべきか迷いにくい
  • 「仮払い」の仕組みがあり安心して取引できる

「仮払い」は、取引の開始時点で発注者がクラウドソーシングサイトに報酬を預ける仕組みです。これにより「記事を納品したのに報酬が支払われない」トラブルを避けられます。

手軽に案件を探せて、安心して取引できるクラウドソーシングサイトは、初心者が月3万円を稼ぐのに最適なプラットフォームです。

まずは最大手の「クラウドワークス」と「ランサーズ」に無料登録しましょう。登録することで、どんな案件があるか探すことができます。

STEP2:プロフィールを整える

発注者はWebライターのプロフィールを見て「仕事を任せられそうか」を判断します。

以下の内容をプロフィール文に盛り込んでアピールしましょう。

盛り込むべき内容
  • 得意ジャンル
  • 実績(執筆記事数など)
  • 経歴
  • 保有資格
  • 稼働時間

また、以下の項目についても情報を入力し、必要な手続きを行うことが大切です。

  • ポートフォリオ(執筆記事の一覧)
  • 本人確認
  • 機密保持確認

発注者の信頼を得るために、プロフィール画面は細かいところまで完璧に整えておきましょう。

当メディアで公開している「プロフィールの書き方」の記事を参考にしてみてください。

STEP3:文字単価1円の案件に応募する

クラウドソーシングサイトでは「文字単価1円以上」の条件で案件を絞り込めます。本業の経験や趣味を活かせるジャンルなど、取り組めそうな案件を探して応募しましょう。

その分野での知識や経験を応募時に送る文章に書いておくと、採用される確率を上げられます。

最初の1件を獲得するのが最も大変なので、諦めずにたくさん応募しましょう。

ちなみに私も最初は10件ほど応募して、採用されたのは1件だけ。とある転職エージェントの利用経験がある人を募集していた案件でした。

応募できる対象者が限られている案件は、ライバルが少ないので初心者でも採用されやすい傾向があります。見つけたら積極的に応募するとよいでしょう。

STEP4:プロとして取り組んで高評価を増やす

案件に採用された後、執筆する際のポイントは「プロ意識」を持つことです。

初心者であっても、報酬をもらって仕事をするからにはプロです。以下のポイントは必ず守りましょう。

  • 納期を守る
  • 誤字脱字をなくす
  • マニュアルや指示に従う
  • 連絡にはできるだけ早く返信する

これらはどれも社会人なら当然やるべきことですが、できていない人が多いのが現状です。

だからこそ、プロ意識を持って「当たり前のことを当たり前にやる」だけで、納品完了後に発注者から良い評価をもらえる場合が多くあります。

クラウドソーシングサイト上に良い評価が増えるれば、発注者から信頼を得やすくなるのがメリットです。その後の案件の獲得が楽になります。

STEP5:継続案件を増やす

同じ発注者から続けて仕事をもらう「継続案件」を増やすことで、応募する手間を省いて効率よく稼げるようになります。

何度も依頼がありそうな案件を選んで応募し、高品質な記事を納品していれば、自然と継続案件になるでしょう。

例えば「1記事あたり3000字」の場合、3万字を執筆するには「30,000÷3000」で10記事が必要です。

「発注者1人から10記事」「発注者2人から5記事ずつ」など、逆算して毎月3万字分の継続案件を確保しましょう。毎月安定して3万円を稼ぐために必要なことです。

なお当メディアでは、Kindle本Webライター未経験から月収100万円を稼ぐまでのロードマップを無料で公開しています。Webライターとして結果を出している人たちの体験談が掲載されているので、ぜひこちらもお役立てください!

Webライターで月3万円を達成する4つのコツ

1. 時間単価の仕事に応募する
2. 応募時にブログ記事を見せる
3. 仕事をしながら勉強する
4. 毎日必ず決まった時間にやる

1. 時間単価の仕事に応募する

Webライターの報酬形態には「文字単価」だけでなく「時間単価」もあります。

クラウドワークスで「ライティング・記事作成」の仕事を検索してみたところ、以下の件数がヒットしました(2024年5月時点)。

  • 固定報酬:1969件
  • 時間単価:30件

文字単価の案件を含む「固定報酬」のほうが圧倒的に多いです。

時間単価の案件は少ないからこそ、ライバルも少ない傾向があり、初心者でも獲得できるチャンスがあります

確認したところ「時給1300円」程度の案件が多くありました。時給1300円で月3万円を実現するには「30,000÷1300」で約23時間の労働時間で済みます。

私の知り合いにも「初めて獲得した案件は時間単価だった」というWebライターがいます。応募を繰り返してもなかなか採用されない場合は、時間単価の案件を探してみるとよいでしょう。

2. 応募時にブログ記事を見せる

案件に応募する際に、ブログは強力な武器として使えます

Webライター未経験でも、ブログ記事を見せることで発注者に以下をアピールできるのがメリットです。

ブログでアピールできること
  • 文章力
  • 構成を作る能力
  • テーマに関する知識
  • 記事の入稿作業が可能

可能であれば、採用後に依頼されそうなテーマで記事を書き、URLを応募時の文章に載せましょう。

発注者に熱意を伝えつつ「採用後に納品する記事」をイメージしてもらうことで、案件獲得につながりやすくなります。

3. 仕事をしながら勉強する

「まずは勉強して、準備が完璧に整ってから案件に応募しよう」と考える人もいるでしょう。

もちろん勉強は大切ですが、案件への応募や執筆を止めてまで行うのはおすすめしません

勉強と仕事を同時並行で行うべき理由は以下です。

  • 勉強は終わりがなく、ずっと続けてしまう
  • 案件に応募せず長期間稼げないと挫折しやすい
  • 経験が少ないと見当違いな勉強をしがち

案件に応募したり、執筆に取り組んだりすることで、自分に不足している部分がわかります。そのタイミングで勉強するからこそ、効果的にスキルが身につくのです。

私自身も新しい案件に応募するときは「本当に自分にできるかな」といつも不安でした。しかし、あまり心配する必要はなかったと、今ならわかります。

なぜなら、発注者が「このWebライターなら問題なく仕事を完了できる」と判断した場合にしか、採用されないからです。実際、私も採用された案件のすべてで、無事に納品できました。

4. 毎日必ず決まった時間にやる

やる気になったときだけWebライターの仕事をしようとすると、挫折しやすくなります。

今はモチベーションが高くても、数日間やる気が出ない日が続いただけであっさりと辞めてしまう恐れがあるため、注意が必要です。

特に最初のうちは、応募を繰り返しても案件をなかなか獲得できないため、モチベーションが下がりやすくなります。

対策として、例えば以下の時間帯から1つを選んで「最低10分は作業する」と決め、案件への応募や執筆を毎日欠かさず行うのがおすすめです。

  • 出勤前
  • 帰宅直後
  • 夕食後
  • 就寝前

毎日続けているうちに習慣となり、やる気が出ない日でも自然にできるようになっていきます。

月3万円を達成し、その後も安定して稼ぎ続けられるでしょう。

Kindle本を無料でプレゼント

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次